活動報告

第8回はんだ山車まつり

開催日:2017年10月7日~2017年10月8日  開催場所:半田市  担当:YEG広報委員会

10月7(土)、8日(日)、第8回はんだ山車まつりに刈谷YEGのメンバーで参加しました。
今年度は地域繋がり委員会・研修委員会・渉外委員会の合同通年事業として、愛知県内のYEGが企画・参加するイベントに顔出ししています。

はんだ山車まつりは昭和54年に第一回が開催され、第二回はんだ山車まつり以降は【5年に1度】の定期開催となり、市民・企業・行政の総力を挙げた知多半島最大のイベントとして、回を重ねるごとに盛況さを増しています。
半田市内の10地区から31輌の山車が集合し、半田市役所周辺や半田運河周辺などでおよそ50万人以上の観客に披露されます。半田市の人口がおよそ12万人なので、いかに遠方の地域からも愛されているお祭りなのかを伺い知ることが出来ます。

今年は第八回 はんだ山車まつりとして、10月7日(土)・8日(日)と2日間の開催でした。集結した山車の上では、伝統的なからくりが順に実演されるので、桟敷席からの眺めも素晴らしく、更には山車に施された精妙な彫刻や刺繍は1751年より以前に起源を持つ伝統あるもので、間近で見ると更なる迫力に圧倒されます。

源兵衛橋会場では半田市を拠点に活動する方々が特設ステージで躍動し、同会場内のだしモールでは子ども向けワークショップが大盛況でした。その他にも外国の方向けのツアーや、フォトコンテストなどがあり、各会場に終結したキッチンカーでは知多牛バーガー、知多牛ステーキ丼などのご当地グルメをはじめ、全国の様々なグルメを楽むことが出来ました。

報告者写真
活動報告者

YEG広報委員会
委員長

加藤宏太